<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

共に歩こうファミリー

古川ママ&共に歩こうファミリーの皆さんが滞在され元気にご帰国されました。
今回も山ほどの古着やお米や文房具を持って、村や小学校で活動されていきました。
子どもの成長を支える会でも子どもたちと交流されたようです。
今回の様子は、また共に歩こうファミリーのサイトで紹介されると思います。
古川ママは今年3回目の訪カン!
そのうち「言ったり来たりを繰り返すならカンボジアに住んじゃおうかなー」
と言ってくれることを待っています。
古川ママの愛娘千代ちゃんからプレゼントをいただきました。
c0178907_18153273.jpg

クリスマスまで待てないのでお菓子食べちゃいます!
いつも皆さんのお心遣いありがとうございます。
共に歩こうファミリーの皆さん、日本でも楽しく頑張って活動してください!
[PR]

by cherrs-nishi | 2011-11-27 18:16 | 日記  

更新

遅くなりましたが、
「カンボジア写真館 古着39」を更新しました。

日本からたくさんの古着が届いております。
寒くなる時期に合わせての冬物をありがとうございます。

この活動は、自分たちが着ていた古着を村で配り始めたのがきっかけでしたが、
今では日本全国から古着が届き、嬉しい事にその量も年々増えております。

そして村に行き古着を配りながら、色んな人と出会うことで、
自分にも出来ることを見つけ出すことができます。
そんな私はとても幸せだと思います。

日本で20年間、大変な苦労をしながら生きてこられ
今カンボジアに戻り活躍をされている男性に出会うことが出来ました。
彼は私に、
「言葉を学ぶということは文化を知ることです。
私はカンボジア人ですが、日本人の心も持っています」と話してくれました。
日本を理解したいと思いながら一生懸命日本で生きてきた
彼から聞く話や言葉は、私にとってとても衝撃的なことが多いです。

私は日本人でカンボジア人の心は分かりません。
努力が足りない私がこの先20年、30年、ただ住んでいても
カンボジア人を理解すること、ましてやカンボジア人の心を持つことなどは
出来ないんだと思います。
彼のように
「私は日本人ですが、カンボジア人の心も持っています」と言えるまで
謙虚な気持ちで過ごしていきたいと思います。
[PR]

by cherrs-nishi | 2011-11-26 13:26 | 日記  

結婚式

c0178907_1882857.jpg
とても仲良くしてもらっている2軒隣の娘さんの結婚式に行ってきました。
この街に結婚式場が出来てきたのは3、4年前でしょうか。
それまでお金持ちの人はホテルやレストランで結婚式を挙げていましたが、
最近は結婚式場を利用します。
今回は新しく出来た式場で凄く豪華な結婚式でした。

彼女もこの国で多い親が決めた結婚ですが、
とっても真面目そうな男性なので、
きっと穏やかでよい家庭を築いてくれることと思います。
[PR]

by cherrs-nishi | 2011-11-21 18:02 | 日記  

痛すぎる民間療法

画像は、子供が腹痛やお腹が膨れたりすると行う民間療法の痕。
c0178907_0495718.jpg

火傷の痕のようなっていますが、その通りで
火をつけた棒を押し付けます。
そうすると治るらしい・・
この方法は、歯痛、頭痛、腕や足が痛い、腰痛などなど色んな病気にも効くようで、
患部によっては、お線香でもいいようです。
「痛いよね?」と分かってても聞いてしまう私に
「すごく痛い!」という回答。
昔に比べて今はあまり一般的ではないようですが、
この画像の村の子供にはよくこの方法が使われているようで、
何人もの子供のお腹に、傷跡がありました。
早く貧しい子供たちが、ちゃんと病院で診てもらえるようにしないと!
と改めて思いました。
[PR]

by cherrs-nishi | 2011-11-17 20:18 | 日記  

祝日

本来は水祭りでしたが、今年は水害があった為にボートレースなどが
中止になりとても静かでした。
水祭りの予算を復興にあてるということです。

今回の水害地域に何箇所か行きました。
水のひきが早かった場所は、すでに村の人達が協力し合って
家の修復などを行っていました。
c0178907_1363931.jpg

倒れている家が何軒もありましたが、皆で協力をして直していくとのことです。
未だ水がひいていない地域では、まだボートで移動をしていました。

被害の大きい地域ほど道路状況が悪く、まだ水もあり未だ行けないところも多いです。
様子を聞きながら、来月から寒くなりますので、
日本から届いている冬物と毛布を買って渡しに行きたいと思います。
c0178907_1461530.jpg

[PR]

by cherrs-nishi | 2011-11-11 22:56 | 日記  

飛騨高山

私の活動を生まれ故郷、高山で伝えてくれている方がいらっしゃます。
いつか高山でカンボジアのことを紹介したい・・
そんな気持ちが早くも実現し、高山から初めての古着、第一便が届きました。
そして中には暖かいメッセージが入っておりました。
「少しですが、役に立つと嬉しいです。
カンボジアの子供達が幸せに暮らせることを祈っています」

「少しばかりの古着ですが、お役に立てれば嬉しいです。
現地では困っている人が大勢みえるのでしょうね。
何も知らずにいる私達にメッセージを伝えていただきありがとう。
頑張って活動して下さい。私は私なりに自分の出来ることで地元の子育て支援を頑張ります」

とても嬉しく思います。
高山の皆さん、これから厳しい冬ですがお元気でいてください!

田中さん、いつもありがとうございます。
[PR]

by cherrs-nishi | 2011-11-01 23:03 | 日記